家庭用脱毛器 > 家庭用脱毛器のタイプと特徴

家庭用脱毛器のタイプと特徴

 家庭用脱毛器は剃る、抜くタイプや電気、レーザー脱毛器と本格的な物まで多岐にわたります。  カミソリや毛抜きで無駄毛の処理をすると、手間もかかります。なにより処理後の肌の状態が悪くなり残念な状態になってしまいます。

 その点、家庭用脱毛器は、エステやクリニックで脱毛するよりずっと低価格で、また勧誘もされませんし、自宅にいながら手軽に短時間で仕上がります。  さらにはデリケートな部分も自分で処理ができるので、うれしいですね。特に夏に向けてVライン、Iライン、0ラインの手入れは念入りにしたいものです。

 ではどのようなタイプの脱毛器があるでしょうか。  まずはじめにシェーバータイプの脱毛器についてです。  これは量販店などで簡単に手に入れられることができます。シェーバーなので、刃の部分が細かく振動し、剃っていくタイプになります。肌への負担はカミソリと比べれば幾分少ないでしょう。

 レーザー式の脱毛器は、家庭用なので照射範囲も狭く出力も劣ります。また無駄毛が集中している箇所は、光を一点に集めるので痛みが強くなります。

 対してフラッシュ式の脱毛器は、サロンの家庭用です。レーザー式に比べ、照射範囲が広く、短時間で仕上がります。また全身照射が可能なタイプで、なおかつ肌への負担も大きくありません。

 最後にサーミコン(熱線)式の脱毛器です。  これは無駄毛を温度の上がったワイヤーによって焼き切るタイプです。ある程度毛を伸ばした状態で使用します。また一本ずつ焼き切るため時間がかかります。

 しかし家庭用脱毛器とプロの施術では、やはりプロの施術の方が短時間で綺麗に仕上がるようです。ですが言い換えれば、家庭用脱毛器でも時間をかければ綺麗にできるということです。  また家庭用脱毛器の出し入れの煩わしさから、次第に手入れの期間が間遠くなったりすることがあります。

 脱毛器もエステに通うほどではありませんが、それなりの価格になります。購入する場合は、カートリッジを交換しなければならないなど、消耗品についても考慮しましょう。